ギヤモーター・ギヤポンプのパイオニア
ツカサ電工株式会社

会社案内

HOME > 会社案内

経営理念

"優れた商品とサービスを提供し、お客様と社会に貢献する"

代表取締役社長 高橋博之

代表取締役社長

私たちツカサ電工は、昭和43年の創業以来、柔軟な発想と自ら市場を創造する事業姿勢の基に、モーター事業とタイマー事業において、常に新たな市場を開拓するリーディングカンパニーとして発展を遂げてまいりました。

モーター事業においては豊富なモーター種類と特性の中からお選びいただき、それに合わせた減速機シリーズからお客様のご要望に応じた減速比を選定いただけます。また、1個から受注をお受けしスピーディーに対応する生産システムを構築してまいりました。 さらには、モーターの制御駆動に必要なモータードライバーも充実させシリーズ化すると共にお客様のご要望に応じたカスタム制御基板の受託開発、ソフト開発も含め対応できる技術体制も整えております。

タイマー事業においては、DCギヤモーターで培ったモーター制御技術と減速機設計技術を応用し、自由な発想により開発されたスポーツタイマーが、スポーツ選手をはじめとする多くの人々から高く評価され業界オンリー・ワンの地位を築いております。

モーターを核とした応用製品として、リニアアクチュエーター、ロータリーアクチュエーター、コーヒーミル、ギヤポンプ、チューブポンプの製品開発を行い、現在たくさんのお客様にご使用いただいております。

特にチューブポンプに関しては、ポンプ事業として製販一体の組織体制を構築しお客様のご要望に柔軟に対応できるようにいたしました。ぜひお声をかけてくださいますようお願い申し上げます。

今後も、経営理念であります「優れた商品とサービスを提供し、お客様と社会に貢献する」のもとに、常に時代のニーズを捉えた多彩な製品開発を推進し、お客様とご一緒にさらなる発展をめざしてまいります。どうか、皆様の多大なるご支援のほどお願い申し上げます。

創業者の想い

相談役 古野典

相談役

小型モータを扱い東京の中野で創業したのは昭和43年の暮れですから、もう50年近い年月が過ぎてしまいました。翌44年には会社組織にしたものの、当初はなかなか売れなかったことを憶えております。

そんな折に趣味の水泳でプールに通っていたところ、大学の水泳コーチから水泳用タイマーの修理を頼まれたのがきっかけで、モータを使ったスポーツタイマーが徐々に売れ始め、なんとか生きる道が見えてきた。

そうこうするうち昭和47年頃からコピー機や自販機の小型化、省エネ化に対する時代の要求とともに、「小型・高トルク・省エネ」が特徴のDCモータにギヤを取り付けた自社製DCギヤドモータの用途が格段に広がり、ATM(現金自動預け払い機)や券売機などにも採用されていったのです。

業容が拡大するに伴って手狭になったため、御縁があり工場を都城に新設したのは昭和62年ですからもう30年近くになります。当初は広すぎるのではと迷いましたが、現在は狭いくらいになりました。本社そのあとは、関西営業部、福岡事業所それに中国深圳・フィリピンに子会社と、まさに無我夢中で走ってきました。

今までも、これからもそうですが、やはり支えてくれるのはお客様です。ですから、お客様に喜んでもらえる、感動してもらえるような仕事をしていくことがいちばんと常々言い聞かしております。

そのため「優れた商品とサービスを提供し、お客様と社会に貢献する」を当社の経営理念に掲げ、これからも日々精進していきたいと想っております。